花鳥園 京都の着物創作工房

小紋

清次郎 四十年間培った、他者を寄磨き上げた独特の感性。その匠技を惜しみなく注ぎ込んで創造する作品は、見る者に感動と衝撃を与えます。清次郎が創造するものは、「売れる物」ではなく「真に商品価値のあるもの」を提案し続けているのです。きもの初心者から着こなし上手な方々まで、百分は一見にしかず。貴方の着物の概念を、根底から覆してみせましょう。 空海子 二代目清次郎とは対照的に、女性ならではの感性から、きものを着る女性に立って現代のライフスタイルに合ったシチュエーションで着られる着物を提案。その独自の感性から生み出される数々のきものは、バラやブーケをモチーフにしたものなどで一見、奇をてらった物にみえがちですが、着てみると、この上なく上品でまた可愛くもあり、違和感なくきこなしていただけます。さぁ貴方も空海子のすてきな世界へようこそ

小紋

全体に細かい模様が入っていることが名称の由来で、訪問着、付け下げ等が肩の方が上になるように模様付けされているのに対し、小紋は上下の方向に関係なく模様が入っています。そのため礼装、正装としての着用は出来ないとされています(江戸小紋を除く)。
現在では模様の大きさや密度に関わらず、上下方向関係なく模様が入っている着物は総称して「小紋」と呼びます。染めの技法によって「紅型小紋」「絞り小紋」「更紗小紋」など多種多様な小紋があります。

 1   2   3   4   5   6   7     

 1   2   3   4   5   6   7