花鳥園 京都の着物創作工房

メジロと葡萄

メジロと葡萄

清次郎の表現する花鳥図柄の王道

濃地色の丸ぼかしを、ハラの部分は斜めぼかしを施し、そこに岩絵の具で、葡萄とめじろを描いた作品。透明感のある葡萄の柄に、アクセントでめじろをあしらったところがなんとも清次郎らしい逸品です。

  • 九寸
  • 清次郎
  • 花鳥風月

お問い合わせはこちら


メジロと葡萄 の詳細画像

  • メジロと葡萄の詳細画像 その1
  • メジロと葡萄の詳細画像 その2
  • メジロと葡萄の詳細画像 その3

お問い合わせはこちら