花鳥園 京都の着物創作工房

花鳥園の作品紹介その1 花鳥園の作品紹介その2 花鳥園の作品紹介その3

花鳥園について

花鳥園は、京都で着物を創作している工房です。創業者 清次郎を継いだ二代目清次郎と、三代目にあたる空海子を中心に平均年齢二十代後半の若々しいスタッフと共に日々着物創りに励んでいます。京都日本画の伝統である大和絵の真髄を、様々な手法を使って表現する二代目清次郎。対して現代生活の中で新しい感覚を創造する空海子のきもの。いずれも、我が工房の歴史が土台となって育んだ非常に高度な感性・技術が息づいており、多くのお客様に満足頂けるきものに仕上げております。尚、花鳥園では、多くの個性的な作家たち(八木仁子・山崎素女・志形充子など)を輩出。非凡で多様な作品を創作できる礎ともなって参りました。世界が文化的に、ますます平均化していく現代であるからこそ、類い稀なる高い文化レベルの京都で、当工房にしかできないものにこだわって、これからもよりよい作品を創り続けて参ります。

↑ ページトップへ

作家紹介

二代目 清次郎

京都市立美術大学で日本画を学び、そこで得た四条派の華麗で上品な画風を、着物作品で開花させる
  • 1944年  京都市生まれ 牡羊座
  • 1967年  京都市美術大学日本画学科卒業
  • 1967年  二代目清次郎を襲名
  • 1981年  ニューヨークファッション科大学でショー&個展 絶賛を得る
  • 1982年  京都南座 祇園祭夢鉾ショー
  • 1984年  オランダ ロッテルダム日本博にて着物ショー発表
  • 1987年  KCC主催「京小袖」発表
  • 1993年  KBSホールにてKCC主催「屏風展」発表
  • 1994年  「ファッションカンタータ」出展

>> 清次郎の作品一覧へ

二代目 清次郎

X´masにはクリスマスモチーフの着物、チャペルウエディングではブーケを描いた着物を・・・と従来の着物の発想には全くとらわれない。
  • 1975年  京都に生まれる  山羊座
  • 1995年  京都芸術短期大学 ビジュアルコース 卒業
  • 1996年  株式会社渡辺 花鳥園入社
  • 2000年  デビュー作『クリスマスの着物』発表
  • 2001年  オリジナル和装小物『ワンポイント柄足袋』発表 絶大な人気を得る
  • 2004年  京都国際会議場にて「ファッション・カンタータ」に出展
  • 2005年  神戸大学着物コンテストにて審査員を務める
  • 2005年  雑誌「kelly」にて『空海子キャンドルズの着物』発表

>> 空海子の作品一覧へ

↑ ページトップへ

会社概要

名称 株式会社 渡辺 花鳥園
創業 1972年(昭和47年)
事業内容 オリジナル着物、和装小物、洋装小物等の制作、販売
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 渡辺 博
従業員数 10名
主要取引銀行 京都中央信用金庫 本店 / 京都銀行 三条支店
本社所在地 〒603-8452
京都府京都市北区衣笠開キ町6
電話番号 075(384)0666
FAX 075(366)8857
E-mail kachoen-watanabe@kachoen.co-site.jp
お問い合わせ 上記E-mail宛、またはこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。
アクセスマップ

京都の着物創作工房 花鳥園の事業所地図

詳細地図はこちら

URL http://kachoen.co-site.jp/

↑ ページトップへ

プライバシーポリシー

当社は個人情報の重要性を認識し、取扱には細心の注意を払い、以下の取り組みを実施致しております。
※お客様の個人情報とは、
 氏名・住所・電話番号・FAX番号・電子メールアドレス等の情報の単体・組み合わせにより、
 お客様個人を特定することができるものを示します。

■情報の管理体制

当社は、お客様個人に関する情報の取り扱いに責任を置き、適切な管理を行います。

■個人情報の利用目的

お預かりした個人情報は、ご本人様への連絡やご返答・情報提供を行うために利用させて頂きます。
・ご質問やお問い合わせに対してお返事するため
・資料請求のお申込みに対してのお返事と資料をお送りするため
・お客様に有益と思われる当社商品・サービスの情報をご連絡するため

※お申し出頂ければ、サービス情報の送信を中止させることができます。

■第三者への情報提供について

原則として、お客様の承諾を得た当社関連会社以外の第三者に提供、開示等は一切致しません。
また、関連業務の承諾先には個人情報の漏洩や再提供等しないよう適切な管理を義務づけます。
しかし、以下に関しては、適切な判断の元に利用させて頂く場合がございます。
当社は法的根拠、公衆の利益により、裁判所、行政機関監督官庁、その他の公的機関から、第三者に情報を提供するよう
強制された場合、提供を拒否する合理的な理由がなく、お客様から同意を頂くことが難しい場合には、
お客様情報を開示させて頂くことがございます。

■登録内容の取扱い

お客様の個人情報をできるだけ正確かつ最新の内容で管理致します。
登録内容にご変更があった場合は速やかにお申し出下さい。ご本人の確認をとらせて頂いた上で、
登録情報の開示・追加・変更・訂正または削除を行います。

■個人情報の真偽と不正な取扱いについて

健全な個人情報の取扱いを妨害し、他のお客様に損害を与えるような行為に対して、
当社は適切な対応もしくは法的な措置を取らせて頂きます。

・入力させて頂いた情報が偽りの情報であり、その目的が悪質な場合
・管理努力を超えた、逸脱した不正行為により情報を盗難・流出・改ざんさせた場合

↑ ページトップへ